IATF16949公式研修機関ジャパン・プレクサス ホーム


お問い合わせお問い合わせ

公式AIAGトレーニングプロバイダー 公式AIAGパブリケーションディストリビューター

PPAP

HOME > PPAPとは

PPAPとは

PPAP (Production Part Approval Process)とは


PPAPとは「生産部品承認プロセス」と呼ばれるコアツールの1つで,生産部品承認のための一般的要求事項を規定したものです。

PPAPは国際的な自動車産業の認証制度であるIATF16949において特に重視されており,顧客の工場における新車の生産に用いられる部品について,顧客からその承認を得るために必要な文書・記録や製品及び製造工程の適切性を評価する方法論が規定されています。

すなわち,サプライヤーマネジメントの中核とも言える部品調達のための優れた方法が提示されており,顧客である自動車メーカーからの要求にサプライヤーがどのように応えれば良いかが分かるだけでなく,サプライヤー自身が部品や材料を調達する際に,その品質を確保するために適用できるノウハウが詰まっています。

PPAPの目的

① 顧客の設計文書及び仕様書に示された要求事項のすべてを組織が正しく理解しているかどうかを判定
② 製造プロセスが所定の生産能率における実生産において,これらの要求事項を満たす製品を一貫して製造する能力をもっているかどうかを判定

PPAPの重要性

PPAPは5つのコアツールの中でも契約上,最も重要なものという位置づけになっており,顧客に納入する生産部品を顧客に承認してもらうために,サプライヤーが従わなければならないプロセスであり,また,その承認条件を維持できない場合又は変更したい場合にサプライヤーが従わなければならないルールも含まれています。

なお,PPAPではAPQPFMEAMSASPCの各参照マニュアルを引用しているため,該当する参照マニュアルについてもきちんと理解,適用することが求められます。

PPAP第4版マニュアルの構成は以下の通りです。


序文
1. 一般
2. PPAPプロセス要求事項
3. 顧客通知及び顧客提出の要求事項
4. 顧客への提出-証拠のレベル
5. 部品提出状態
6. 記録保管
附属書
用語集

“公式”PPAPセミナーでは以下の内容を扱います。


◇ IATF16949とPPAPの関係
◇ PPAPの提出レベル
◇ PPAPの提出アイテム
◇ PPAPにおける品質指数の評価
◇ APQPとPPAPの関係

PPAP書籍&PPAPセミナー




お問い合わせお問い合わせ

トップページトップページ
ISO/TS16949セミナー資格試験ISO/TS16949セミナー資格試験
ISO/TS16949書籍ISO/TS16949書籍
プレクサス会員プレクサス会員
お申込/ご注文お申込/ご注文
お問い合わせお問い合わせ



お問い合わせ TEL FAX

プレクサスが選ばれる3つの理由プレクサスが選ばれる3つの理由
お役立ち情報お役立ち情報
会社概要会社概要
よくあるご質問よくあるご質問
サイトマップサイトマップ
リンクリンク


IATF16949とはIATF16949とは
ISO/TS16949内部監査についてISO/TS16949内部監査について
ISO/TS16949サプライヤー監査員(SAC)資格とはISO/TS16949サプライヤー監査員(SAC)資格とは
IATF承認取得ルールとはIATF承認取得ルールとは
顧客固有要求事項とは顧客固有要求事項とは
公式解釈集及びFAQとは公式解釈集及びFAQとは
コアツールとはコアツールとは
PPAPとはPPAPとは
APQPとはAPQPとは
FMEAとはFMEAとは
MSAとはMSAとは
SPCとはSPCとは
自動車産業プロセスアプローチとは自動車産業プロセスアプローチとは
IATF16949用語集IATF16949用語集